肥満で怖いのが生活習慣病の元になってしまう事。代表的なところだと、脳卒中や心筋梗塞等は肥満により血栓ができやすくなり、死因のリスクが上がる病気です。そんな肥満によって引き起こされるリスクをご説明したいと思います。

肥満解消に効くゆで卵と梅干し

肥満解消に良い食品とは、血糖値を上げない、疲れを癒してくれる、などの条件が備わっているものです。
ゆで卵と梅干しは、それぞれ血糖値を上げない、疲労回復する、といった効果があります。
まず、ゆで卵は良質なタンパク源であるだけではなく、血糖値を上げない食品です。肥満になる原因は糖質の摂りすぎで、糖質をとるとそれを下げようとしてインスリンが肝臓から分泌されます。インスリンは最初は筋肉のグリコーゲンにブドウ糖をたくわえるだけですが、グリコーゲンに貯蔵しきれないほどの糖質が入ってくると貯蔵場所を脂肪細胞に切り替えます。すると脂肪細胞が肥大化して肥満になってしまいます。
ゆで卵はたんぱく質がメインで、糖質はほとんど含まれていません。細胞の原料となるコレステロールも含んでいるので、積極的に摂取したい食品です。1日2~3個くらいまでならば問題なく食べられます。
肥満の原因はコレステロールの摂りすぎと言われることもありますが、それは間違いです。血管を傷つけるのはブドウ糖で、その傷を修復するのがコレステロールの役割だからです。一般的に悪玉コレステロールと言われているLDLコレステロールは、ブドウ糖の摂りすぎで血管が傷つき、それを補修するために肝臓からコレステロールが出されることで増えているように見えるだけなので、食品から摂取するのは問題ありません。
梅干しには、疲労回復効果があります。梅干しに含まれるクエン酸には代謝を活性化させる働きがあるので、エネルギー変換が活発になり体にエネルギーがみなぎるからです。
肥満解消のためにトレーニングで筋肉をつけたい、という時にはゆで卵と梅干しを積極的に摂取すると効果的です。